CSCS(ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)

試験内容

CSCS認定試験は、「基礎科学」と「実践/応用」の2つのセクションに分
かれており、両セクションの合格をもって、CSCS資格を認定されます。
試験問題は、4つの選択肢から1つの解答を選ぶマークシート方式です。

CSCS基礎科学セクション
スコアード問題80問とノンスコアード問題*10問の計90問で構成されて
おり、試験時間は1時間30分です。エクササイズサイエンス(解剖学、
運動生理学、バイオメカニクスなど)と栄養学に関する知識を問う設問
が出題されます。

CSCS実践/応用セクション
スコアード問題110問とノンスコアード問題*10問の計120問で構成され
ており、試験時間は2時間30分です。エクササイズテクニック、プログラ
ムデザイン、施設の構成と運営、およびテストと評価に関する設問が出
題されます。40問がビデオ映像と関連して出題され、主にエクササイズ
テクニック、機能解剖学、テスト手順に関する知識を問う内容となって
います。

受講資格

  1. NSCAジャパン会員
  2. CPR(心肺蘇生法)資格保持者(8時間以上の講習と、講習終了後に筆記試験・
    実技検定が行われ認定証を発行する団体に限る)
  3. 4年制大学卒業者及び卒業見込みの者(学部不問)

受講料

<受験料> 48,000円

実施期日 年1回

受講申込

  1. 電話で問い合わせをしてください。
  2. 参加申込み書が送られてくるので出願期間までに郵送します。

NSCAジャパン事務局

〒 105-0023 東京都港区芝浦 1-13-16

Tel 03-3452-1684
fax 03-3452-1690

URL http://www.nsca-japan.or.jp

E-mail exam@nsca-japan.or.jp

KindleBookになりました。

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。 フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。 そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。
ページ上部へ戻る