先輩インストラクターに聞け! (企業インストラクターC・Kさんの場合)

§ プロフィール

氏名:・C・Kさん
職業:企業インストラクター

§ インタビュー

いつ頃、何の資格を取得しましたか?

平成10年6月 健康運動指導士取得

どのように勉強をおこないましたか?(おすすめの書籍、勉強期間)

体育大学を卒業していたので、知識はある程度ありましたが、2年間のブランクがあったので、思い出すために大学時代の運動生理学やスポーツ障害などの参考書を取り出して勉強していました。
一番参考になったのは、講習会で使用した健康運動指導士養成講習会テキストです。
勉強した期間は講習会の期間3ヶ月です。ただ、保健師、管理栄養士の方は運動生理学などの基礎知識が少なくかなり勉強していたようです。

受講から試験、合格発表までの体験(会場の雰囲気、講義の感想、試験の様子)したことを教えてください。

養成講習会(3ヶ月にわたり21日間・99単位)を受講し、最後に試験なので3ヶ月は勉強しました。特に仕事をしながらだったので、1ヶ月の講習期間1週間(会社を休んで)は夜は復習をしてしっかりその日のうちに学習しようと必死でした。
試験は講習会で予想問題を教えてくれるので、まとを絞った勉強ができました。講習会では、同業者の方が多く参考になる話を聞けて講習会以上に良い知識が増えました。自分の世界だけでなく他の世界でのお友達もできてかなりプラスになりました。

そして今、どのようにその資格を生かしていますか?

現在、会社の福利施設(体育館)でグループ会社であるスチュワーデス専門学校の体育指導と、社員の健康指導、一般のマシンジムでの指導を行ってます。
資格を表に出して仕事をしていませんが、勉強した事によって自信のある指導ができると感じてます。
また資格によって頼ってくる相談者もいます。また、情報の変化が激しい業界です。情報も入るので、さらに勉強しようとする意欲は湧くと思います。

これから資格取得を目指す後輩へのアドバイスなどあったら教えてください。

最初は資格なんてと思っていたのですが、資格がある事によって相談者が頼ってきたりする事もあります。また、資格を取得するという事は必要な知識を身につけているという事で自分自身の向上になると思います。根拠のないアドバイスは相手に伝わりません。
やっぱり結果を出してほしいのでいつも全力投球です。そんな時資格というものが自信につながったりします。結果が出た時、一緒に喜べる時は最高にうれしいです。まず自分の目標がどんな現場なのか考えてから選ぶ資格かと思います。お友達で職場が関係ない場所で更新せず資格をなくしたお友達もいます。

KindleBookになりました。

運営者情報

当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。 フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。 そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。
ページ上部へ戻る