エアロビクスの定義

エアロビクスとは日本名にすると有酸素運動のことです。
エアロは酸素という意味で、ビックは追加するという意味です。
生理学やスポーツ医学、健康増進の分野では、主に酸素を消費してエネルギーを生成し、筋収縮をさせる運動様式のことを指します。
エアロビックの発症は、アメリカのケネス・H・クーパー博士が提唱した運動処方理論のことで、「エアロビクス」を起源として血液循環を良くするエアロビックな運動の総称になり、有酸素効果を得られる運動が定義づけられました。
その後に「エアロビックエクササイズ」や「エアロビックダンス」などスポーツに発展していきました。
基本的にエアロビクスというと有酸素性運動の代表的な運動で、低~中程度の全身運動を20分以上行うものになります。
エアロビクスの特徴としては、心臓への負担が少なく消費カロリーが高く、継続して行うことでコレステロールや中性脂肪などの血液成分に変化が生じるため、生活習慣病の予防なども期待できます。
有酸素運動によってエネルギー供給を行運動のことをエアロビクスというため、サッカーやテニス、バレーボールやバスケなどほとんどの運動は有酸素性運動と無酸素性運動が混ざり合ったスポーツになりますが、エアロビック運動の代表的な運動を上げると、エアロビクスダンスエクササイズや、ジョギング、ウォーキング、水泳や、クロスカントリースキーになります

KindleBookになりました。

運営者情報

当サイトの編集長の
佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。
ページ上部へ戻る